ブログ

23年ぶりに。。。

23年ぶりに、中国へ。
 
船で中国へ渡った19歳の時から23年。
驚くほど、中国は変わっていた。
 
当時は、北京駅前の広場に大勢の人達が野宿しており、通りを歩けば、珍しい外国人とばかりに皆がジロジロ見たり、話しかけてきたり、ついにはゾロゾロと後ろをついて来る。治安も良いとは言えず、腹巻きにパスポートだけをしっかり持って、当時何もかもひっくるめて一日千円で貧乏空腹旅をしていた。
 
各地で知り合った中国人には本当に親切にして頂いた。
1ヶ月の旅の大半を見知らぬ街角で出会った中国人やイラン人の家、時には会社の寮にも秘密で入れてもらい、寮内の敷地を巡回する警備員に見つからないようにホフク前進もした。モンゴルでは、馬で草原を走り、ゲルで寝て、一生忘れない満天の星空を眺めながら、各地を放浪した。
 
見るもの感じること全てが、僕にとっては生まれて初めての経験で、あの旅から自分の中で明らかに何かが変わった。そのおかげで、今、こうして生きている。あの旅は僕の原点。
 
携帯電話もインターネットもない時代、異国にて頼れるものは自分一人。
緊張感一杯で旅していたあの頃とは何もかもが変わり、便利になった。
 
でも、バックパックと寝袋一つでその日の深夜に着いた見知らぬ街で、まずあてもなく歩いて寝床探しから、という不便な旅は、今から思えば極上の贅沢、極上の苦労だった。
 
何もかもが容易に手に入る時代。人は、便利になった分、何か大切なものを失くしたように思う。

コメント

コメントする

お名前 *
メールアドレス(非公開) *
コメント *

PROFILE

山本 雅紹

建築家
山本 雅紹
Masatsugu Yamamoto

一級建築士

宅地建物取引士

 

その場にしかない空気を求めて

 

十代の頃から世界を旅している

 

あの町のあの曲がり角で感じた風

路地に差し込む光

 

水面を照らし出す夕陽

樹々の隙間から漏れる光と影

 

人が彩る熱帯

人が集う静寂

 

旅は空気を教えてくれる

目に見えない空気をつくりだす

 

建築は空気。

 

山本雅紹

 

<趣味>

世界中の町の空気を肌で感じる旅を10代の頃から続けています。旅を通してその場で感じたことは、建築をつくる上で大きな原動力となっています。

 

<旅した国>

フランス/イタリア/スペイン/ドイツ/スイス/トルコ/オーストリア/エジプト/アメリカ/フィンランド/カナダ/インド/カンボジア/中国/タイ/インドネシア/メキシコ/ポルトガル
旅のスケッチ

 

<好きなこと>

ビールを飲むこと

BACK NUMBER

PAGETOP