ブログ

【歴史】 自分で建築をつくる。#4

GW中の設計打ち合わせの合間に、左官工事をした。
 
有り難いことに我が家には、家を一軒建てる道具が全て揃っている。
 
工事の最初は意識もしていなかったが、この道具はすべて祖父のもので、父もいちいち僕には言わないが、その道具を大切に使っていた。
 
祖父は4年前に他界したが、いつも黙々と働き、田を耕し、
自然の中で生きていた。
 
祖父が使っていたこのコテも、いつも黙って、僕を助け、
仕事を教えてくれる。
 
歴史は、一日二日では成り立たない。
 
祖父、父の想いもつなげるような建築をつくりたいと思っている。
 
(写真の大きなコテは、父の教えのもと僕が作った土間おさえ用のコテです。)

コメント

コメントする

お名前 *
メールアドレス(非公開) *
コメント *

PROFILE

山本 雅紹

建築家
山本 雅紹
Masatsugu Yamamoto

一級建築士

宅地建物取引士

 

その場にしかない空気を求めて

 

十代の頃から世界を旅している

 

あの町のあの曲がり角で感じた風

路地に差し込む光

 

水面を照らし出す夕陽

樹々の隙間から漏れる光と影

 

人が彩る熱帯

人が集う静寂

 

旅は空気を教えてくれる

目に見えない空気をつくりだす

 

建築は空気。

 

山本雅紹

 

<趣味>

世界中の町の空気を肌で感じる旅を10代の頃から続けています。旅を通してその場で感じたことは、建築をつくる上で大きな原動力となっています。

 

<旅した国>

フランス/イタリア/スペイン/ドイツ/スイス/トルコ/オーストリア/エジプト/アメリカ/フィンランド/カナダ/インド/カンボジア/中国/タイ/インドネシア/メキシコ/ポルトガル
旅のスケッチ

 

<好きなこと>

ビールを飲むこと

BACK NUMBER

PAGETOP